Home / 学生からのメッセージ

学生からのメッセージ

GSCCとHCD

2010年11月26日
公共M2の松山です。
久々の投稿です。夏の暑さがウソのように、朝夕の肌寒さに
ビックリな今日この頃です。今年は特別秋が短かったように
感じています。

創造都市に入院?して早1年半がすぎ、正直もうあと半年か
というのが正直なところです。
短い間で、仕事も持ちながらの毎日、それこそ無我夢中で、
毎回の授業やレポートに追われていましたが、気が付けば
修士論文作成も正念場、がんばらなくてはいけません。

先日11/3(祝・文化の日)に中ノ島で院生会と学校の
共催による「ホームカミングデー」が催され、120名を
越える方々が参加下さり、大盛況のうちに会を閉じることが
できました。当日は初めての試みで中ノ島界隈のまちあるき
も実施され、公共からは矢作先生に出張って頂きました。
参加者からは、普段聞けない貴重なお話が聞かれた。とか、
公会堂はじめ中ノ島の建物の歴史の違った側面が見えた。
など、興味深く楽しげな感想が聞かれています。
矢作先生にはご準備もあり大変だったと思いますが、参加者
全員が満足できたようです。本当にありがとうございました。

当日の会では、仮称OBOG会・同窓会の正式なKICKOFFもされ、
準備委員会も立ち上がりました。
ここで学んだことをネットワークを生かして、修了後も維持
させていくために活用されればいいなっと思っています。

さあ、修論に向けてラストスパートです。
がんばりましょう!

サルのように

2010年11月09日
「元気ですか〜!」と、
自分に問いかける今日この頃。

先日、愛知県にある日本モンキーパークに行ってきました。ありとあらゆるサルたちの行動を見ていて、いろんな性格のサルがいるんだと改めて実感しました(癒されました)。

何もせず、ボーっと日光浴しているサル。
必死に、手を叩きながら餌を求めてくるサル。
自分の体を毛づくろいさせているサル。
必死に他のサルの毛づくろいをしているサル。

何だか、人間のようで、とても笑えました。

さて、サルの話とは全然関係ありませんが、11月も半ばにさしかかり、修士論文もいよいよ執筆の段階に突入!
まだまだ調べ足りないと思いつつも、自分の能力の無さにガックリしながら、それでも前へ進むしかないと諦め半分でがんばっています。
できれば、必死に脇目も振らず、他のサルの毛づくろいをしているサルのように論文作成に没頭できればと思いながらも…ついつい関係ないことをしてしまいます。

皆さんはそんな経験ありませんか?(あ、自分だけか…)。

ひらい

勉強と研究は違うと実感してます

2010年11月07日
学生生活も4分の3が終わり、あとは修論を書くだけ
の段階に来ていますが、これがなかなか思うように
進みません。
章立てすら、まだ固まっていません、私は。
どうしよう・・・

「何を明らかにしたいのか」「オリジナリティは
どこのあるのか」というところが、とても難しくて
頭を悩ませています。

たくさんの本を読み、いろんなところから情報を得て、
「ふ〜ん、そうか、そうだったんだ」と思うことが多くて、
「研究」というか「勉強」することはとても新鮮で
楽しいのですが、「で、何を明らかにしたいの?」と
尋ねられると答えに窮します。

総花的にバランスよく話をまとめるよりも、
偏った中でも一点集中突破で物事を進めるのは、
結構得意だったはずなのに、いざ研究となると全然ダメです。

でも、学校に通うのは楽しく、毎週土曜日にゼミに出て、
仲間と飲んで一週間を締めくくるという生活を、
残された時間はあとわずかですが、楽しみたいと思います。

なかにし