Home / 学生からのメッセージ

学生からのメッセージ

アサーション・トレーニングの場にもなる当社会人大学院

2014年05月25日
5月2日(金)の課題研究発表\会は無事終了。その後の大阪丸ビルレストラン「トップサーティー」での懇親会でも、皆、大変有意義な時間を過ごせたのではないかと思います。

社会に出ると、ソ\ーシャルスキルが必要であることを目の当たりにします。学生の時や家庭内では通用していた自分勝手さは、社会では通用しません。そんな経験をしてきた社会人が集まった大学院に通う人たちは、“アサーション”な関係性の心地良さを知っている人たちが大半だと思います。“アサーション”とは、自分の考えや意見、気持ちを率直に自分にも相手にも“適切に”表\現することです。そして、自分も相手も大切にした自己表\現の仕方の訓練を“アサーション・トレーニング”と言います。

でも、そんな心地良さを知っている社会人でも、時には、自分勝手になって自己中心的になり、相手の意見を尊重できなかったり、場の雰囲気によっては、自分の意見が言えなかったりすることもあるでしょう。それは、生身の人間である以上、仕方のないことです。大切なのは、そんな自分自身に気づき反省し、今後、前向きに自分がどのように行動すれば良いかを考え、それを行動に移すことだと思います。

当社会人大学院は、ワークショップ、課題研究、ゼミ、その他交流会等が豊富であり、そのような活動が出来る場であると思います。社会に出て、◯十\年以上経つけれども、改めてアサーション・トレーニングの場を頂いていると感じます。さまざまな価値観を持った人たちが集まり、そのそれぞれの価値観を尊重できるようになるためのトレーニングの機会を大切にしたいと思います。

M2 奥野清恵