Home / 学生からのメッセージ

学生からのメッセージ

楽しかった2年間  すべてに感謝

2015年03月16日

すっかり春めいてきました。皆さんそれぞれの世界でご活躍のことと思います。
先日はM1の皆さんがホスト役になりM2の修了お祝いの会を催していただきました。冒頭の五石先生から頂戴した言葉(少し際どい発言があり、なぜか私が取り乱してしまい申\し訳ありません)をはじめ、久末先生、水上先生からもアットホームながら心のこもった祝辞をいただきました。また、ご都合が悪くなり欠席されましたが、永田先生はわざわざメッセージを寄せていただきました。いつも頂く知覚を覚醒させるスパイシーなフレーズを抑えつつ、我々一人一人の立ち位置に思いを致し、ずっと見守っていただいていたと改めて感じさせる、これも暖かなメッセージでした。修了生のミニットスピーチも日頃からの皆さんを知ればこそ言葉にはなっていない部分がむしろ思い起こされ、これまで皆さんと一緒にいたからこそ、楽しい時間を共有できたこと、勇気づけられた姿、励まされた言葉が脳裏を駆け巡り、胸にぐっとこみ上げてくるものがありました。
社会人になって幾年も幾年もこの季節を迎えてきましたが、こんなに特別な感情を持った春の日はありません。

以下、私自身のことで恐縮ですが、本心を述懐することで何かの参考になれば、と思い、記します。
入学した目的は、大きく3つ。
ひとつは、これまでの積み上げてきた自分の業績や成果物をとりまとめること。2つ目は客観的、科学的に事象をとらえ、エビデンスベースで考え結論を出す手法の獲得。3つ目は実際の政策、施策に生かされる学び、研究がしたい。
このうち2点目については枠組み程度は獲得できたのではないか。3点目については、自治体の政策評価や事業企画の場への参画、毎月のように依頼される管理職研修の場を通じて、学んだこと、調査したことをその都度フィードバックできました。これはまあまあ達成できた、と思います。ところが、第一点目はほとんど手つかず(一部分レポートに盛り込んだ程度)。逆に今までの業績や成果から自分自身をリプレースする。すなわちheaviness of being successful の世界から lightness of being a beginner again, less sure about everythingの世界へ、自らをリプレースすることで、全く新たな世界を開くことが出来ました。が開けた。これが3点目にも良い影響をもたらしました。


そして今日、改めて2ビルに来て、誰もいないはずの廊下に目を凝らす。すると。不思議なことにどこからかM2の皆さんが現れ、それぞれ学生時代の表\情に戻って何やら会話を交わしながら私の傍らを通り過ぎていく。

この2年間は夢だったのだろうか。

2年前、久々に学び舎に名を連ね、講義、レポート、ゼミ、そして修士論文の作成にいそしんできた。
いい加減なやっつけ作業でレポートを書いた後、実は後味が悪かったり、仕事も忘れるぐらい夢中になって調べた割にはうまくまとめきれない自分の菲才を恨んだり、職場での予\定外の残業で、どうしても聞きたかった、出席したかった授業、ゼミに参加できず、いや、間に合わないのはわかっていても、電車に飛び乗り、誰もいない教室に息を切らせて駆け込んだり。
この世界には、そうさせる何かがあった。
そして、修論修了。

今となっては楽しすぎる2年間でした。

すべてに感謝。

M2 宮坂